トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 年金 » 厚生年金の長期加入者の特例

厚生年金の長期加入者の特例

私は今年60歳で定年退職しますが、これまで厚生年金に44年以上加入していました。厚生年金に長期に加入した者には、老齢厚生年金を受給する際に特例があると聞いたのですが、どのようなことでしょうか?

60歳台前半の老齢厚生年金は、報酬比例部分と定額部分で構成されていますが、その方の生年月日によって「報酬比例部分のみ」と「報酬比例部分+定額部分」の受給開始年齢が決まっています。

しかし、本来は報酬比例部分しか受給できない方でも、厚生年金に長期に加入していた場合は、定額部分も合わせて受給できるという特例があります。これが、厚生年金の「長期加入者の特例」で、長期加入者とは厚生年金の被保険者期間が44年(528カ月)以上ある方を言います。

例えば、生年月日によると「報酬比例部分」の受給開始年齢は60歳で「報酬比例部分+定額部分」の受給開始年齢は64歳という方が、厚生年金に44年以上加入していた場合は、特例として60歳から「報酬比例部分+定額部分」が受給できます。

ただし、60歳以降も厚生年金の被保険者として引き続き会社に勤めている場合は「長期加入者の特例」は適用されませんのでご注意ください。

【事例作成日】2011年4月20日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!