トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 年金 » 年金の「カラ期間(正式名称は合算対象期間)」

年金の「カラ期間(正式名称は合算対象期間)」

年金についていろいろ調べていると、「カラ期間」という言葉をよく目にします。いったい何のことを言っているのでしょうか?

 

老齢年金は、保険料納付済期間+保険料免除期間+カラ期間(正式名称「合算対象期間」)が25年以上あることが受給要件(「受給資格期間」と言います)となっていることはご存知でしょうか?

カラ期間とは、上記の25年以上という受給資格期間見るときには対象となりますが、年金額には全く反映されないという期間です(ですから、中身のないからっぽの期間というわけです)。

具体的には、次のような国民年金の任意加入対象者だったけれども任意加入しなかった等の期間をいいます。

  • 昭和36年4月から昭和61年3月までの厚生年金(又は共済組合)加入者に扶養される配偶者であった期間
  • 海外に在住していた昭和36年4月以後の20歳以上60歳未満の期間
  • 学生であった昭和36年4月から平成3年3月までの期間のうち20歳以上60歳未満の期間
  • 厚生年金の脱退手当金を受けた昭和36年4月以後の期間

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!