トップページ » 人事労務Q&A » 労務管理関連 » 外国人留学生のアルバイト雇用について

外国人留学生のアルバイト雇用について

今度、外国人留学生をアルバイトで雇いたいと思っているのですが、注意すべき点があったら教えてください。

 

外国人留学生は原則就労することは認められていませんが、法務大臣の「資格外活動許可」を受けている場合はアルバイトを行なうことができます。ですから、外国人留学生を雇う場合は「資格外活動許可書」を必ず確認してください。

この「資格外活動許可」は本来の活動の遂行を阻害しない範囲で認められますので、1週間のアルバイト可能時間は28時間以内(教育機関の長期休業中については1日8時間以内)と定められています。

なお、風俗営業又は風俗関係営業が営まれている営業所にかかわる場所でのアルバイトは認められていません。

また外国人を雇った場合は、例え留学生のアルバイトであってもハローワークへの届出が義務付けられています。ご注意ください。

【事例作成日】2011年3月9日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!