トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 雇用保険 » 失業手当(雇用保険の基本手当)の受給要件について

失業手当(雇用保険の基本手当)の受給要件について

来月末に5年間勤めた会社を退職することになりました。しばらくは働かないで失業手当をもらおうと考えているのですが、失業手当をもらうための要件を教えて下さい。

 

雇用保険の基本手当を、通称「失業手当」と言います。
失業手当をもらうためには、次の2つの条件が必要となります。

①ハローワークで求職の申し込みを行い、働く意思と能力があるにもかかわらず「失業の状態」にあること。したがって、次のような状態にあるときは失業手当をもらえません。

  • 病気やけがのため、すぐに働けない
  • 妊娠・出産・育児のため、すぐに働けない
  • 定年などで退職し、すぐに働くつもりがない
  • 結婚などで家事に専念し、すぐに働くつもりがない

②原則として離職の日以前2年間に、雇用保険に加入していた期間が通算して12ヶ月以上あること。

ただし②については、離職理由により「離職の日以前1年間に、雇用保険に加入していた期間が通算して6ヶ月以上あること」となる場合があります。

【事例作成日】2011年2月16日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!