トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 労災保険 » 退職後の労災給付について

退職後の労災給付について

私は現在、通勤災害により労災保険から「療養の給付」と「休業給付」を受けていますが、業務縮小に伴う整理解雇の対象となりました。退職後も労災保険からの給付を受けることはできるのでしょうか?

退職後も療養の給付と休業給付は継続して給付されます。通勤災害による休業事由が継続している限り労災保険は給付されますので、退職により打ち切られることはありません。

退職後のため「休業給付支給請求書」(様式16号の6)の事業主証明が得られない場合には、「退職日付」と「退職のため証明が得られず」と記載して労働基準監督署に提出てください。

「療養の給付」とは:
労災病院や労災指定病院において、無料で必要な治療などを受けられます。

「休業給付」とは:
傷病のために休業し賃金を受けられない場合に、その4日目から賃金日額の約8割(特別支給金を含む)が支給されます。

【事例作成日】2010年12月22日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!