トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 年金 » 老齢厚生年金の繰下げ支給

老齢厚生年金の繰下げ支給

私は現在60歳(女性)で、数ヶ月前に老齢厚生年金の裁定請求書が届きました。

今現在は経済的に余裕がありますので、すぐに手続をして年金を受給すべきかどうか迷っています。

年金を繰下げてもらうと有利だという話を聞いたことがあるのですが、本当でしょうか?

平成19年4月より、65歳からの老齢厚生年金を繰下げて受給すると一定の増額率により加算されるという制度ができました。

しかし、この繰下げ支給は65歳からの老齢厚生年金が対象ですので、64歳までに受給する老齢厚生年金は対象となりません。仮に、64歳になって年金の手続をしたとすると、遡及した4年分の年金が一括で支給されるだけです。特別な加算額はありませんので、今すぐに年金を受給しなかったとしても年金の総額が増えるわけではありません。

ただし、65歳になった時点でそれ以降の繰下げ支給を選択することは可能ですので、その時には、そこから繰下げるかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。

【事例作成日】2010年10月20日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!