トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 労災保険 » 通勤災害の認定

通勤災害の認定

私は会社員ですが、先日、駅から自転車で帰宅途中に転倒し右腕を骨折しました。

会社には最寄駅から自宅までバス利用と届け出て、定期代の支給を受けていたのですが、この場合でも通勤災害として労災認定されるのでしょうか。

「会社への届出がバス通勤なのに、自転車を使用した場合でも通勤災害と認められるか」ということですが、それが合理的な経路・方法である限り通勤災害と認められることになります。

合理的な経路とは、会社に届け出ている経路や一般にその代替経路と認められる経路をいいます。タクシーを利用した場合や道路工事等による迂回、共働き労働者が託児所に子供を預けるためにとる経路なども含められ、特別の理由もなく著しく遠回りとなるような経路をとる以外は合理的なものと認められます。 合理的な方法とは、公共交通機関の利用や、自転車・自動車などを本来の用法(無免許運転や自転車の二人乗り等は本来の用法とは言えません)で使用する場合をいい、その方法が会社に届けているものかどうか、あるいは日常的に利用されている方法かどうかは問われません。

従って,自転車を本来の用法で使用し合理的な経路上の災害は、例え会社への届出と違っていたとしても通勤災害と認められることになります。

【事例作成日】2010年10月6日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!