トップページ » 人事労務Q&A » その他 » 労働組合からの団体交渉申し入れ

労働組合からの団体交渉申し入れ

3ヵ月前に有期雇用契約の更新をせず退職してもらった契約社員が、地域の合同労働組合へ加入し、その労働組合を通して団体交渉の申し入れをしてきました。当社には労働組合はないのですが、この場合も団体交渉に応じなければならないのでしょうか。

労働組合といえば企業ごとに組織される企業別組合が代表的ですが、合同労働組合は一定地域の中小企業労働者が個人で加入できる労働組合です。

勤務している人、解雇された人、パート・アルバイトや派遣社員の加入を受け入れたうえで、個々の労務問題(残業未払い、退職勧奨、解雇、減給等)について、企業との交渉を通して解決することを目的としています。多くの中小企業には労働組合がないので、経営者に対して対等に話し合う機会を与えられることが少ないためと思われます。

合同労働組合も労働組合法上の労働組合であることから、会社の労働組合でなくても、団体交渉には応じなければなりません。

【事例作成日】2010年9月29日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!