トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 年金 » 65歳以降の在職者の老齢厚生年金を満額受給するには

65歳以降の在職者の老齢厚生年金を満額受給するには

65歳以上の被保険者が老齢年金を満額受給できるよう給与額を設定したいのですが,計算方法を教えてください。

 

厚生年金保険の被保険者で65歳から支給される老齢厚生年金は,①総報酬月額相当額 (※1)と②基本月額(※2)との合計が一定額を超える場合に①と②の額に応じて一部または全額が支給停止となります。(平成19年4月以降に70歳に達した方が以降も厚生年金適用事業所に勤務される場合は同様の支給停止が行われます。)支給停止額の計算は以下の通りとなります。

①総報酬月額相当額と②基本月額の合計が46万円を超える場合
   →(総報酬月額相当額+②基本月額-46万円)×0.5
    (①と②の合計が46万円以下の場合,支給停止はありません。)
(※1) ①総報酬月額相当額…その月の標準報酬月額+その月以前の1年間の標準賞与額÷12
(※2) ②基本月額…加給年金額を除いた老齢厚生年金(報酬比例部分)の月額

例)

①標準報酬月額360,000円(1年間の賞与ゼロ),②老齢厚生年金月額(加給年金除く)125,000円(年金額1,500,000円),老齢基礎年金778,500円(月額64,875円),の場合の支給停止額は,

( ①360,000 + ( 0 ÷12 ) + ②125,000-460,000)× 0.5 = 12,500円(支給停止される月額)

この場合,標準報酬月額が320,000円となるよう給与を設定すると支給停止はゼロとなります。つまり,給与額が330,000円未満(通勤手当含む,賞与なし)で老齢厚生年金は満額支給されることとなり,ご本人の月額収入は,330,000円未満 + 125,000円 + 64,875円 となります。(老齢基礎年金は①②の額による支給停止はありません。)

【事例作成日】2014年11月19日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!