トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » その他社会保険関連 » 賞与年4回以上の支払について

賞与年4回以上の支払について

今期、賞与支給回数が年4回以上になります。このような状態で算定基礎届を作成する際、給与に上乗せしなければならないという話を聞いたのですが、支給回数は関係するのでしょうか?

 

賞与支給回数が年4回以上の場合、標準報酬月額の対象になるため賞与の総額の12分の1を報酬月額に算入することになります。これを算定基礎届の4月、5月、6月の給与の額に上乗せして届出することになります。

《例1》
8月賞与   200,000円
10月賞与   50,000円
12月賞与   200,000円
3月賞与   150,000円
※4回支給の賞与の総額  600,000円÷12=50,000円

《例2》
算定基礎届の
4月分給与+上記で計算した賞与分50,000円
5月分給与+上記で計算した賞与分50,000円
6月分給与+上記で計算した賞与分50,000円
※年4回以上の1年間とは、前年の7月1から今年の6月30日までの1年間に4回以上の賞与支給があった場合が該当になります。

【事例作成日】2014年8月20日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!