トップページ » お悩み相談事例 » 受給できる助成金はないだろうか? » 精神障害者等雇用安定奨励金(Ⅱ 重度知的・精神障害者職場支援奨励金)

精神障害者等雇用安定奨励金(Ⅱ 重度知的・精神障害者職場支援奨励金)

精神障害者等雇用安定奨励金(Ⅱ 重度知的・精神障害者職場支援奨励金)

概要

重度知的障害者または精神障害者を雇入れるとともに、その業務に必要な援助や指導を行う職場支援員を配置する事業主に対して助成。

受給要件・助成額

雇入れ日現在において満65歳未満の重度知的障害者または精神障害者を、職業安定所もしくは地方運輸局または有料・無料職業紹介事業者等の紹介により一般被保険者として雇入れた者に対し、雇入れ日から3か月以内に職場支援員を配置する、対象労働者の業務の遂行に関する援助を行う、指導の業務を担当させる等要件を満たした場合、支給。

●労働者数に応じて、6か月ごと最大2年間にわたって支給

対象労働者 企業規模 支給額
短時間労働者以外の者 大企業 対象労働者1人あたり 月額3万円
中小企業 対象労働者1人あたり 月額4万円
短時間労働者 大企業 対象労働者1人あたり 月額1万5千円
中小企業 対象労働者1人あたり 月額2万円

※短時間労働者…1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満である者

精神障害者等雇用安定奨励金(Ⅱ 重度知的・精神障害者職場支援奨励金)の詳細はこちら