トップページ » お悩み相談事例 » 受給できる助成金はないだろうか? » 中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金

中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金

中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金

概要

中小企業である事業主が、障害者の雇い入れに係る計画を作成し、当該計画に基づき障害者を10人以上雇用するとともに、障害者の雇い入れに必要な事業所の施設・設備等の設置・整備をした場合に、当該施設・設備等の設置等に要する費用に対して助成。

受給要件・助成額

重度身体障害者、知的障害者、精神障害者を①常用労働者として、新規に10人以上雇用し、対象障害者の全常用労働者に占める割合が2/10以上となる事業所であって、②対象障害者のための事業施設等を設置・整備する他、③地域の障害者雇用の促進に資する取組等に関する計画を提出し、労働局長の認定を受けた等要件を満たした中小企業に対してその要した費用の一部を助成。

設置・整備に要した費用 対象労働者数
10~14人 15人以上
第1期 第2、3期 第1期 第2、3期
3,000万円以上4,500万円未満 1,000万円
(1,440万円)
500万円
(180万円)
1,000万円
(1,440万円)
500万円
(180万円)
4,500万円以上 1,000万円
(1,440万円)
500万円
(180万円)
1,500万円
(2,160万円)
750万円
(270万円)

※事業主の希望により( )内の支給額を選択することも可能
※各支給対象期間の末日時点で、対象労働者数が10人を下回った場合は不支給

中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金の詳細はこちら