トップページ » お悩み相談事例 » 受給できる助成金はないだろうか? » 特定求職者雇用開発助成金(Ⅲ 被災者雇用開発助成金)

特定求職者雇用開発助成金(Ⅲ 被災者雇用開発助成金)

特定求職者雇用開発助成金(Ⅲ 被災者雇用開発助成金)

概要

東日本大震災の被災地域における被災離職者等を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、1年以上雇用されることが見込まれる労働者として雇入れる事業主に対して、賃金の一部を助成。

受給要件・助成額

対象労働者である①被災離職者(東日本大震災発生時に災害救助法が適用された市町村区域(東京を除く)において就業していた者で被災により離職を余儀なくされた者等)、または②被災地求職者(被災地域に住居する者で平成24年9月30日までにハローワーク等で求職活動を行い、安定した職業についたことがない者)、を雇用保険一般被保険者として雇入れ、1年以上継続して雇用することが見込まれる場合、支給。本助成金対象者を10人以上雇入れ、なおかつ1年以上継続雇用した場合上乗せ支給として助成がある。

一週間の所定労働時間 総支給額 期間 支給対期間ごとの支給額
大企業 中小企業 大企業 中小企業
30時間以上
(短時間労働者以外の者)
50万円 90万円 1年 1期25万円
2期25万円
1期45万円
2期45万円
20時間以上30時間未満
(短時間労働者)
30万円 60万円 1年 1期15万円
2期15万円
1期30万円
2期30万円

※支給対象期間(6か月)ごとに2回に分けて支給
※短時間労働者…週当たりの所定労働時間が20時間以上30時間未満の者

上乗せ支給額
大企業 中小企業
50万円 90万円

※1事業主につき1回のみ

特定求職者雇用開発助成金(Ⅲ 被災者雇用開発助成金)の詳細はこちら