トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » その他労働保険関連 » 使用者責任について

使用者責任について

従業員が、顧客にたいして、虚偽の説明をしてしまい損害を与えたのですが、会社として、顧客に、損害賠償をしなければならないものでしょうか。また会社が全額損害賠償をした場合には、従業員にたいして全額求償することができるでしょうか。

 

使用者責任については、自己責任の原則と違い他人の行為についての責任をとるということになります。民法715条で使用者責任の条文があります。

(使用者等の責任)

第715条

  1. ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし使用者が被用者の専任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
  2. 使用者に代って事業を監督するものも、前項の責任を負う。
  3. 前2項の規定は、使用者又は監督者から被用者に対する求償権の行使を妨げない。

※ 使用者=会社  被用者=従業員  第三者=顧客

顧客は、虚偽の説明をした張本人の従業員でなく、資力のある会社にたいして損害賠償請求することができます。(不真正連帯債務)。また会社が損害賠償したら、従業員に求償することができます。ただしその額は、全額とか1/2とか決められた額ではなく、損害の公平な分担という見地から信義則上相当とした額になります。

【事例作成日】2013年10月2日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!