トップページ » 人事労務Q&A » 労働基準法関連 » 退職願の撤回

退職願の撤回

当社の社員で業務上のトラブルがあり、本人が一旦、退職願を提出したのですが、3日後に退職願の撤回を申し出てきました。この場合撤回を認めるべきでしょうか。それとも一旦提出した退職願の撤回は認められないとし、退職の撤回の申し入れを拒否できるのでしょうか。

労働者の退職の申入れが確定的である場合には、申入れが使用者に到達した時点で有効になり、退職の意思表示は撤回できませんが、退職の申入れが合意解約の申入れと解釈される場合には、使用者の承諾の意思表示が本人に伝わるまでの間は、合意解約は成立していないと考えられる為、撤回は可能です。

【事例作成日】2013年9月4日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!