トップページ » 人事労務Q&A » その他 » あっせんについて

あっせんについて

労使間の紛争の解決にむけ労働局には「あっせん」という制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか?

 

労働局における「あっせん」とは、労使間における労働問題に関するあらゆる分野の紛争について双方の主張の要点を確かめ、紛争当事者間の調整を行う(話し合いを促進する)ことにより、紛争を円満に解決することを目指すものです。

この調整は労使紛争委員(弁護士、大学教授等の労働問題の専門家である学識経験者により組織された委員)により行われ、おおよそ1ヶ月程度の時間をかけて調査や調整をしていきます。

その結果、円満な解決ができなければ、あっせん終了となり、それ以上争う場合は、各種裁判制度の場に移ることになります。

【事例作成日】2013年7月24日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!