トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 雇用保険 » 再就職直後の再離職について

再就職直後の再離職について

私は失業手当を受けながら求職活動をし、先頃再就職をいたしました。

失業手当の受給期間はまだ残っていたので再就職手当も受けまして、さぁこれから頑張ろうと思っていたそのとき別な事情が生じ、また仕事を辞めなければならなくなりました。

再就職先では2ヶ月ほどしか働きませんでした。もう雇用保険は受けられませんよね?

結論からお答えしますと、2ヶ月ほどの前職では受給の権利はつきませんが、前々職で得た権利で、まだ受給出来る可能性があります。

まず、ご質問者様のケースとは違いますが、再就職手当を受けなかった場合。
この場合は、支給残日数がそのまま繰り越されておりますから、残っている分だけ受給できます。具体例でご説明しますと、前々職の離職で120日分の権利を得ており、それを100日残して再就職した場合、再離職後にも100日分の権利が残っています。

続いてご質問のケース、再就職手当を受けていた場合。
上と同じ日数の例では、再就職手当は、支給残日数の60%、つまり60日分の金額となります。元々残っていた100日分から、再就職手当として受給した60日分を差し引いた40日分の権利が、再離職後も残っております。

ただ、失業手当が受けられるのはその受給資格を得た離職日から1年間、ここでは前々職の離職から1年間です。これを過ぎてしまうと、例え日数が残っていても受給は出来ませんのでご注意ください。

【事例作成日】2013年5月15日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!