トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 年金 » 国民年金保険料後納制度について

国民年金保険料後納制度について

平成24年10月より始まった国民年金保険料の後納制度とはどのような制度ですか。

 

後納制度とは、過去10年以内の時効で納めることができなかった国民年金保険料について、申込により、平成24年10月から平成27年9月までの3年間に限り、国民年金保険料の納付期間が過去2年から10年に延長される制度です。納め忘れのある方には、日本年金機構から「お知らせ」と「申込書」が送付され、納付するには、年金事務所へ申込をする必要があります。

後納制度を利用することで、①年金額が増えたり、②年金の受給資格が得られる可能性があります。1か月の後納保険料を納付した場合、年間で約1,638円(平成24年度の場合)の増額になります。

また、国民年金を受給するためには、納付済期間や免除期間等の合計が原則25年(300月)必要ですが、平成27年10月以降は、10年(120月)に短縮される予定です(この受給資格期間の短縮は、消費税の改正に合わせて、実施が予定されています)。

【事例作成日】2012年12月5日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!