トップページ » 人事労務Q&A » 労働基準法関連 » 休日振替の要件とは

休日振替の要件とは

納期の切迫により、休日の振替を行うことにしました。しかし、ある従業員が休日振替を拒否しています。休日振替をするためには本人の同意が必要なのでしょうか?

 

休日振替とは、休日と労働日を入れ替えることをいいます。 例えば日曜日を休日と定めている場合、日曜日と金曜日を入れ替え、日曜日を「労働日」に、金曜日を「休日」にすることが休日の振替です。 休日の振替をすることでもともと休日であった日に労働させても休日労働の割増賃金(3割5分)を支払う必要がありません。

休日振替の要件としては、

  1. 就業規則に休日を振替えることがあるという規定があること
  2. 事前に振替の対象となる休日と振替によって新たに休日となる日を指定すること

があげられます。
就業規則の規定に基づき休日の振替を行うならば、業務命令であるので労働者は従う義務があります。休日振替に本人から同意を得る必要はありません。

【事例作成日】2012年11月7日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!