トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 労災保険 » 通勤途上の労災

通勤途上の労災

その日、いつも出勤している本社ではなく、少し離れた支店へ自宅から直接向かいました。急いでいたため階段を踏み外し、怪我をしてしまいました。

いつもの通勤経路ではないため、通勤災害には該当せず、労災とは認められないのでしょうか。

事業主の指揮命令のもと支店へ直接向かっている段階で、すでに業務開始とみなされますので、今回の場合は業務災害となり、労災と認められます。

 

【事例作成日】2013年7月17日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!