トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 健康保険(医療保険) » 失業給付受給時の健康保険の扶養について

失業給付受給時の健康保険の扶養について

この度、会社を退職し失業給付(基本手当)をもらう予定です。この場合、夫の健康保険の被扶養者になれるのでしょうか。

 

夫の健康保険の扶養に入るためには、妻の収入の条件があり、年間収入が130万円未満でなければなりません。

収入には年金や失業給付も含み、失業給付を受ける場合は基本手当日額が3,611円以下ですと扶養に入ることができます(1,300,000円÷365日≒3,561円)。しかし、基本 手当日額が3,612円以上の場合は扶養に入れませんので、健康保険の任意継続をするか国民健康保険に加入することになります。

また、失業給付の待期期間及び給付制限期間中は扶養に入ることができますが、待期期間及び給付制限期間終了後に失業給付がもらえるようになったときには、その日から扶養からはずれることになりますのでご注意下さい。

【事例作成日】2012年7月4日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!