トップページ » 人事労務Q&A » その他 » 途中入社月の算定基礎届記載方法について

途中入社月の算定基礎届記載方法について

そろそろ算定基礎届の時期となりますが、資格取得日が給与算定期間の途中にある場合の、算定基礎届の記載方法について教えてください。

当社の給与は20日締めで当月末日支払となっています。

4月1日に入社した者については、4月の給与は1カ月分が支給されません。この場合でも、実際に支払われた4・5・6月の給与を平均して新しい標準報酬を決定することになるのでしょうか?

給与の算定期間の途中で資格取得したことにより、1か月分の給与が支給されない月がある場合は、その月の給与を除いて平均したもので新しい標準報酬を決定します。

【例えば】

4月30日支払(4/1~4/20分)   200,000円
5月31日支払(4/21~5/20分)  300,000円
6月30日支払(5/21~6/20分)  300,000円

算定基礎届の平均額欄には266,666円と記載しますが、修正平均額欄に300,000円と記載し、決定後の標準報酬月額は300千円となります。

またこの際には、備考欄に資格取得年月日を忘れずに記載してください。

【事例作成日】2012年6月20日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!