トップページ » お悩み相談事例 » 受給できる助成金はないだろうか?

受給できる助成金はないだろうか?

知らないと損をする助成金情報や御社にマッチングした助成金を受給する為の完全サポートを致します。

受給メリット

  • 融資や借入金と違い返済義務がありません。又種類によっては非常に多額な金額です。
  • 事業活動に通常必要な資金が半分で足りる。特に新しく会社を起す場合や新事業を始める場合(※種類による)など

受給デメリット

  • 法令順守、書類作成のボリュームや申請期限など制約条件が多く手続きが煩雑(スケジュール管理)
  • 審査基準が厳しいなど

助成金の種類

人の雇い入れ
トライアル雇用奨励金
特定求職者雇用開発助成金(Ⅰ 特定求職困難者雇用開発助成金)
特定求職者雇用開発助成金(Ⅱ 高年齢者雇用開発特別奨励金)
特定求職者雇用開発助成金(Ⅲ 被災者雇用開発助成金)
高年齢者雇用安定助成金(Ⅰ 高年齢者活用促進コース)
高年齢者雇用安定助成金(Ⅱ 高年齢者労働移動支援コース)
障害者トライアル雇用奨励金(Ⅰ 障害者トライアル雇用奨励金)
障害者トライアル雇用奨励金(Ⅱ 障害者短時間トライアル雇用奨励金)
障害者初回雇用奨励金(ファースト・ステップ奨励金)
中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金
発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金
精神障害者等雇用安定奨励金(Ⅰ 精神障害者雇用安定奨励金)
精神障害者等雇用安定奨励金(Ⅱ 重度知的・精神障害者支援奨励金)
能力開発・研修実施
キャリア形成促進助成金(訓練等支援給付金)
キャリア形成促進助成金(中小企業雇用創出等能力開発助成金)
新規創業・異業種進出
地域再生中小企業創業助成金
受給資格者創業支援助成金
中小企業基盤人材確保助成金
雇用調整
雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金
中小企業定年引上げ等奨励金
高年齢者職域拡大等助成金
育児・介護支援
中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース)
中小企業両立支援助成金(休業中能力アップコース)
中小企業両立支援助成金(継続就業支援コース)
両立支援助成金(子育て期短時間勤務支援助成金)
雇用管理の改善
均等待遇・正社員化推進奨励金(正社員転換制度)
均等待遇・正社員化推進奨励金(共通処遇制度)
均等待遇・正社員化推進奨励金(共通教育訓練制度)
均等待遇・正社員化推進奨励金(短時間正社員制度)
均等待遇・正社員化推進奨励金(健康診断制度)

上記の他にも様々な助成金があります。

受給の流れ

  1. 助成金簡易診断シートにて受給可能性を診断する
  2. 可能性が高いと診断された場合、必要書類準備や計画書等の作成を行う
  3. 官公庁への事前計画書申請
  4. 受給要件を満たす為の施策を実行する(人の雇入れや教育研修の実施、備品等の購入等)
  5. 支給申請
  6. 助成金支給決定(種類によってこの一連のサイクルを継続して回す)

弊社の強み

助成金を受給する為に大変重要である労務管理上の環境整備ができることは勿論の事、帳票類の準備等通常受給する際の障害になりうる管理帳票の整備ができ、受給の可能性をさらに高めることができます。