トップページ » お悩み相談事例 » 受給できる助成金はないだろうか? » 受給資格者創業支援助成金

受給資格者創業支援助成金

受給資格者創業支援助成金

この助成金は平成25年3月31日をもって廃止されました。

概要

雇用保険の受給資格者があらかじめ労働局またはハローワークに届け出た上で創業し、その創業日から1年以内に労働者を一般被保険者として雇い入れて雇用保険の適用事業主となった場合、創業に要した費用の一部を助成。

※離職日における算定基礎期間が5年以上あり、かつ、創業日の前日において、支給残日数が1日以上ある受給資格者に限る。

助成金額

創業に要した費用の3分の1(上限150万円)。

※原材料・消耗品購入費、人件費や光熱水料、税金等、助成対象とならないものもあります。
ただし、創業後1年以内に2人以上労働者を一般被保険者として雇い入れた場合は、50万円の上乗せ。

受給資格者創業支援助成金の詳細はこちら