トップページ » 人事労務Q&A » その他 » パワーハラスメントについて

パワーハラスメントについて

職場で厳しく指導してきた部下から突然「パワハラだ!」と訴えられました。最近良く聞く言葉ですが、そもそもどういった意味なのでしょうか?

 

職場におけるパワハラ(パワーハラスメント)とは、一般的に、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などを前提に、業務の適正な範囲を超えた指導・注意・叱責を行い、人格を侵害する言動等をいいます。それは上司から部下のみならず、先輩後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものも含みます。

会社は労働者に対して良好な職場環境を整備すべき法的義務を負っています。場合によっては、パワハラをした者を使用していた会社は、監督上の義務を尽くしていなかったとの事で、使用者責任等を問われかねません。つまり会社は職場内におけるパワハラ解決に対して積極的に取り組んでいく必要があります。

【事例作成日】2012年4月4日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!