トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 雇用保険 » 料率変更の際の雇用保険料控除時期

料率変更の際の雇用保険料控除時期

4月から雇用保険料率が変更になると聞きました。当社の給与は末日締・翌月10日支払です。この場合4月10日支払の給与から新しい雇用保険料率で計算し控除するのが正しいのでしょうか?

 

従業員負担の雇用保険料控除は賃金締切日を基準として取り扱うことが原則となっております。御社の場合、4月10日支払の給与は3月31日が締日のため旧雇用保険料率で計算します。4月30日締の5月10日支払給与から新保険料率で計算してください。

【当月締・翌月支払の例】
締日3/31、支払日4/10 → 旧雇用保険料率で給与計算
締日4/30、支払日5/10 → 新雇用保険料率で給与計算

【当月締・当月支払の例】
締日4/20、支払日4/25 → 新雇用保険料率で給与計算

【事例作成日】2012年3月7日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!