トップページ » 人事労務Q&A » 労働保険関連 » 雇用保険 » 雇用保険の再就職手当について

雇用保険の再就職手当について

当社で中途採用した者から「再就職手当支給申請書」が提出され、会社の証明を求められました。この再就職手当というものはどのような制度なのでしょうか?また会社として何か手続きを行わなければならないのでしょうか?

 

再就職手当とは、雇用保険の受給資格がある者が、早期に安定した職業に就いた場合に支給されるものです。

主な支給要件は次の通りです。

  1. 基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上かつ45日以上残っていること
  2. 再就職先で1年を超えて雇用されることが確実であること
  3. 待機期間満了後に雇用されたこと(給付制限中はさらに要件有)
  4. 過去3年間に再就職手当又は常用就職手当を受給していないこと
  5. 離職前の会社や関連会社への再就職でないこと
  6. 再就職先でも雇用保険の被保険者となること

会社がする手続きは次の通りです

  1. 「再就職手当支給申請書」の事業主証明(採用証明)欄に記載する
  2. 雇用保険の資格取得手続きをする(この際、1年以上の雇用の見込みのある者として手続きを行うことが必要です)

「再就職手当支給申請書」は就職日の翌日から1ヶ月以内が提出期限となっております。

【事例作成日】2012年2月15日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!