トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » その他社会保険関連 » 賞与の社会保険料控除について

賞与の社会保険料控除について

社会保険(健康保険・厚生年金)に加入している事業所が賞与を支給したときは、社会保険料を控除することは知っていますが、12月に賞与を支給した者が12月20日で退職する場合の社会保険料はどうなるのでしょうか?

 

賞与にかかる社会保険料も、毎月の給料から社会保険料を控除するのと同様の扱いになります。

つまり、資格取得した月(資格取得日以降)に支給された賞与からは社会保険料を控除し、資格喪失月の賞与からは控除しません。(ただし、資格取得月と喪失月が同一の場合は控除します。)

例えば…

  1. 12/1取得→12/15賞与支給の場合・・・保険料控除する
  2. 12/20退職(12/21喪失)→12/15賞与支給の場合・・・保険料控除しない
  3. 12/31退職(1/1喪失)→12/15賞与支給の場合・・・保険料控除する
  4. 12/1取得で12/20退職(12/21喪失)→12/15賞与支給の場合・・・保険料控除する

※育児休業期間についても、事業主の申出により毎月の保険料同様に免除されます。賞与計算をする際には、その月の末日前に退職する者がいないかどうかを、必ず確認してください。

【事例作成日】2012年2月1日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!