トップページ » 人事労務Q&A » 社会保険関連 » 健康保険(医療保険) » 別居中の妻の健康保険扶養について

別居中の妻の健康保険扶養について

現在、私は主人と別居していますが、このまま主人の健康保険の扶養に入っていてもいいのでしょうか。私は、パートで月8万円(,年収96万円)の収入があります。

 

妻が夫の健康保険の扶養に入れる条件は、「主として夫の収入で生計を維持している」ことです。

「生計を維持している」基準とは次の3点です。

  1. 妻の年収が130万円未満である
    (妻が60歳以上または障害者の場合は年収180万円未満)
  2. 妻の年収が夫の年収の半分未満である
  3. 夫からの仕送額(援助額)より年収が少ない

従って、1の年収130万円未満という条件はクリアしています。

後は、「夫の年収が192万円を超えている」と「夫から月8万円を超える仕送りを受けている」という2つの条件をクリアしていれば、そのままご主人の健康保険の扶養に入っていることができます。

*2011年5月18日掲載の人事労務Q&A「別居でも健康保険被扶養者になれる条件」もご参照ください。

【事例作成日】2011年12月21日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!