トップページ » 人事労務Q&A » 労働基準法関連 » 36(サブロク)協定とは

36(サブロク)協定とは

先日、労働基準監督署から「36協定を提出するように」と指導がありました。36協定とはどのようなものですか?

 

36(サブロク)協定は、正式には「時間外・休日労働に関する協定(届)」といいます。労働基準法第36条に定めらていることから、通称「36(サブロク)協定」と言われています。

本来、労働基準法では労働者を1日につき8時間、1週間につき40時間を超えて労働させることは禁止されています。(労働基準法第32条)
しかし、この36協定を締結し届け出ることによって、時間外や休日に労働をさせることが可能になります。時間外や休日労働に対して割増賃金を支払わなければならいないことは一般的によく知られていますが、合わせて36協定の締結・届出も必要なことは、あまり周知されていません。
届出をしないで時間外や休日労働をさせると労働基準法違反になってしまいます(罰則:6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金)ので、一人でも対象となる労働者がいる場合は必ず届出をして下さい。

【事例作成日】2011年9月14日

このサイトはお役にたちましたか?よろしければ「いいね!」のクリックをお願いいたします!

またははてなブックマークやTwitterでのご紹介をお願いします。今後もよりお役立ちできるコンテンツを用意していきますので、お楽しみに!